Minimal Digital Clock (ミニマル デジタル クロック)

Minimal Digital Clock

 
時分のみ表示するシンプルなデジタル時計です。

 

Windows XP / Vista / 7 / 8 で動作します。
使用方法をご参照のうえ、お使いください。

特徴

  • 時分のみ表示するミニマルデザイン
  • 選べる3種類のディスプレイ
    選べる3種類のディスプレイ
  • サイズ変更(拡大・縮小表示)が可能
  • 常に手前に表示され、他のウィンドウに隠れないため常に時刻が確認可能(※1)
  • マウスを近づけると一時的に消えるため、パソコン操作の邪魔にならない(※2)
  • アラーム機能オプション付き(※3)

(※1)「最前面に固定」設定が必要です
(※2)「マウスオーバーで非表示」設定が必要です
(※3)「アラーム機能オプション」のインストールが必要です

使用方法

ここではMinimal Digital Clock (ミニマル デジタル クロック)独自の使用方法を説明しますので、全時計共通の使用方法は「こちら」をご参照ください。

注)「マウスオーバーで非表示」設定を有効にしている場合は、[Shift]キーを押しながら操作してください。

ディスプレイの切り替え

1) 文字盤を右クリック
2) 表示されたメニューの[Custom skin actions]を選択
3) 表示されたサブメニューの「ご希望のディスプレイ」をクリック
   (現在選択されているディスプレイには*印が付いています)
ディスプレイの切り替え

サイズ変更(拡大・縮小表示)

1) 10分代の数字をクリック(サイズ変更モードに変わり、現在のサイズが表示されます)
2) 表示されたサイズの1の位、10の位をクリックしてサイズを指定
3) Cをクリック(サイズが変更され時刻表示に戻ります)
サイズ変更(拡大・縮小表示)
注)20未満のサイズを指定した場合は、20を指定したものとして表示します

製作裏話

私はアナログ・デジタルに限らず時計といえば何でも好きなのですが、デジタル時計の魅力といえば、なんといっても数字のデザインでしょう。

7本の棒ですべての数字を表現できるデジタル数字(7セグメント)は、ずっと見ていても飽きることがありません。

初めて目にしたのはカシオの電卓だったと思いますが、蛍光管(VFD)独特の瞬くような緑色の数字に見とれたのを覚えています。

その思い出をリアルに再現すべく、70年代カシオのデジタル数字をモチーフにし、美しく光る蛍光管(VFD)に加え、数字が浮かんでいるように見える液晶(LCD)、視認性の高い発光ダイオード(LED)の3種の表示スタイルが選択可能な時計が完成しました。

時計好きのみならず、7セグメント好きの方にも使っていただきたい時計です。

Rainmeterスキンテクニックについて

ここから先はRainmeterスキンデベロッパー向けの内容ですので、スキン作成に興味がある方は続きを読むをクリックしてお読みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。