Heart Beat Classic (ハート ビート クラシック)

ニューリリース

Heart Beat Classic

 
6時位置の小窓からムーブメントの動きが楽しめるデスクトップ時計です。

Windows XP / Vista / 7 / 8 で動作します。
使用方法をご参照のうえ、お使いください。

 
バージョンアップするとアラームオプションの設定が初期化されますので、お手数ですがアラームを再設定してください。

特徴

  • 機械式時計のムーブメントをリアルに再現
    (再生ボタンをクリックするとその様子が確認できます)

  • 常に手前に表示され、他のウィンドウに隠れないため常に時刻が確認可能(※1)
  • マウスを近づけると一時的に消えるため、パソコン操作の邪魔にならない(※2)
  • アラーム機能オプション付き(※3)

(※1)「最前面に固定」設定が必要です
(※2)「マウスオーバーで非表示」設定が必要です
(※3)「アラーム機能オプション」のインストールが必要です

使用方法

Heart Beat Classic (ハート ビート クラシック)には、この時計独自の操作メニューはありません。

全時計共通の使用方法は「こちら」をご参照ください。

製作裏話

Rainmeterでいろいろいなデスクトップ時計を作れるようになるにつれ、いつか機械式ムーブメントがのぞくセミスケルトンを再現したいと思っていたのですが、リアルに再現するためには時計の仕組みを理解する必要がありましたので、他の時計製作の合間に機械式時計の解説サイトなどで情報収集を行い、その日に備えることにしました。

時期的にもKarakuri Tokei (からくり時計)などの複雑機構の再現により、テクニックもある程度身についたと感じていたので、ちょうど良いタイミングだったと思います。

図や動画で解説してあるサイトがいくつもあったので、楽しみながら理解することができたのも幸いでした。

実際の制作にあたっては、雰囲気だけ再現したものではなく、リアルに再現したものを作りたかったので、小窓から見えるものだけですが、各パーツ(テンプ、ひげゼンマイ、アンクル、ガンギ車、2番車)は5振動の設計で正確に作りこんでいます。

また、この時計の目玉であるムーブメントの動きをより引き立てるためには、時計全体がリアルで高級感があることも重要なポイントでした。

そのため、針が小窓を通過するときに自然な立体感が得られるようにするなど、デザインに気を配っています。

時計好きな人はもちろん、そうでない人にも楽しんでいただけると思いますので、ぜひダウンロードして機械式時計の雰囲気を味わってください。

Rainmeterスキンテクニックについて

ここから先はRainmeterスキンデベロッパー向けの内容ですので、スキン作成に興味がある方は続きを読むをクリックしてお読みください。

更新履歴

バージョン 日付 内容
1.0 2013.7.19 バージョン1.0をダウンロード
1.1 2013.10.1 処理負荷を低減
 

コメントを残す




*